#b6c4de

新聞を取っていないのでここがチラ裏

焦燥感と不安感、動悸と手の震え

私の特定の人に対する嫌悪感は全て嫉妬から来ているものなんだろうなと ここのところようやく理解してきた。

結局怠惰な人間のないものねだりだと分かると自分が一番嫌いな人間に成り下がるんだよなぁ。メンヘラの頃から分かっていたけど認めたくなかった。唯一の救いだった若さも日々磨耗してどんどん無価値になっていってる。毎日少しずつ価値がなくなり、意味のない生命維持活動を繰り返し、ただただ生き恥を晒し、うんこ製造機として眠りにつく。存在価値がない。無駄でしかない。そこまでして生きているのは生にしがみついている訳でもなく、行動を起こさないから惰性で生きているだけで、惰性のまますぐに死ねるとしたら既に死んでいると思う。

死ぬ意志すらない。恐らく生きてる方が面倒臭いけど死ぬことも面倒臭い。こんな事何百年も前から言い古されているだろうけどそれ以外に考えることもない。命の価値は平等ではないし、価値のある人間が亡くなると何で私が生きてるのか不思議になる。価値のない私が死んだところで何の意味もないんだけど。

欠けても替えのある私と、かけがえのない人間。その替えも私の上位互換。別の人と互換性があると思うのも傲慢かも知れない。とっくの昔に価値がなくなって全部破棄された古いパーツがたまたま残ってるだけかも知れない。早く交換して下さい、こんなの使ってるのはあなただけですよ、とメーカーに通告されて無償交換される位の鉄くず。鉄くずなら再利用できるからそこに重ねるのも傲慢だな。近頃はプラスチックも土に還せる微生物がいるらしいからそれ以下だな。再利用の為に動力を使うのも烏滸がましいわ。埋め立てられてただ場所を取るだけならお墓もゴミの埋め立て処理場も変わらないわね。祈りの有無だけが有意差か。祈られないのなら燃えるゴミに混ぜて生ゴミと捨てられる位が身の丈に合ってるのかもね。合法化されないかなぁ。