#b6c4de

新聞を取っていないのでここがチラ裏

年月の経過と見えるもの

トイストーリーとファインディングニモを見てたらブログ更新するのを忘れてました。

 

久し振りに上記2作を見ました。最後に見たのは10年以上前だったと思います。子供の頃散々見たので大体の台詞は思い出しましたが子供の頃見た時と印象がかなり変わっててなかなか面白かったです。

子供の頃に見たトイストーリーは「おもちゃを大事にしないといけないんだよ」「普段の立ち居振る舞いで信用が決まる」といった寓話的なものだったのに、改めて観るとバズの挫折の方ばかりが目に付くようになりました。今まで信じて誇りに思ってきたものが容易く覆されるのは想像しただけでぞっとしますね。

 

ファインディングニモは完全に過保護な親に対しての警句でしかないんですね。どうしても子供の頃だと親の言うことを聞かないと危ない目に遭う方ばかりが目に入りました。作中の子供を信用しない(できない)親の気持ちも境遇的によく分かりますが過干渉は良くない。真面目なのが余計厄介だったんだろうなぁ。

あと完全にマーリンが保護者におもハラを受けてたのを見て笑ってしまった。説明っぽくて話が長くて分かりづらいのは万国共通で面白くないんですね。

ヴィーガンになるのを目標にするサメも子供の頃はただの恐怖要員としか捉えていませんでしたが、種のイメージの為に努力をするけど本能的な部分だったり依然としてある偏見(?)を取り除く難しさだったりが見えて社会ってそういうものだよなぁと考え込んでしまった。

 

色々と思うところがあったはずなんですけど書いてたら忘れました。

仮に10年後同作を見て私は何を思うんでしょうね。変わってないと問題だな。