#b6c4de

新聞を取っていないのでここがチラ裏

読書習慣がなくなった

23歳の女性がつけてちゃいけないサイズの痣が膝にあります。酔っ払って転びました。

 

 

久し振りに本を読みました。

小中学生の頃は1日1冊は本を読んでいたのに、高校に入ってから一切読まなくなった。

何年か前に数冊だけ読んだけど以前みたく本を大量に所有する場所もないのでその気にもなれず、図書館も生活圏内にないので読書生活はその数冊で終わってしまった。

個人的に電子書籍はちょっと苦手。読みづらいし操作感がうまく掴めない。練習がてら青空文庫を読んでたんですけどなーんか読みづらい。何なんだろう。

 

本を読まなくなって文字を追う速度が半分以下になってる。文庫本1冊が2時間で読み終わらない。これに合わせて思考速度も落ちてるんだろうなぁ。

 

本を読むとその本にのめり込み過ぎてしまい、思考に影響が出る。その没入感と読了後のふわふわした感じが好きだった。ただあまりにも影響を受けすぎてしまうので、私に自我なんてものはないのではないかとも思える。

筒井康隆のパプリカを読んだ時は夢と現実の境目が溶けていくような感覚で数日戻れなかった。挙句夢の中に筒井康隆が出てきた。筒井康隆は好きじゃないです。あのエロオヤジめと思ってる。

女性作家の本も昔から苦手で江國香織に対する嫌悪感(江國香織の作品に出てくる主人公は身勝手さとかが母親に似てる)で育ってきたので基本的に男性作家しか読めなくて、作家で選ばないと読めなかったので中学時代は決して読書好きのラインナップとは言えないようなどメジャーな作家ばっかり読んでました。伊坂幸太郎とか東野圭吾とか。

伊坂幸太郎グラスホッパーと魔王が大好きで本当に本がボロボロになるまで何度も読んだ。オーデュボンの祈りからグッドバイまでは全部読んで、段々と違和感を覚えていてマリアビートルを読んだ時に心底落胆してそれ以降読まなくなった。

辻村深月とか森絵都とか湊かなえも読んだけどやっぱり文章の癖?が苦手。田口ランディだけは好きだった。読了後のふわふわした感じがたまらなく好きだった。

 

オタクだったのでラノベも読んでました。成田良悟作品が好きで全作品全巻集めたり。別の作家の2巻までしか出なかったある作品がすごく好きだったんですけど、最近クトゥルフTRPGの好きなシナリオの作者だったと知ってびっくりしました。

漫画もめちゃくちゃ買って読んでたんですけどどこにそんな金があったんだろう。最近は漫画も読まなくなりました。でも約束のネバーランドがすごく気になってる。電子書籍の漫画の巻の概念が嫌い。あとジャイアントキリングが今どうなってるか知りたい。漫画喫茶も行かないからなぁ。漫画喫茶行っても漫画探して持っていくのが面倒なんですよね。

 

ラノベも漫画も好きだけどアニメは嫌いなのが未だに治らない。

 

来年はもうちょっと本を読みたい。