#b6c4de

新聞を取っていないのでここがチラ裏

生活するのに向いていない

私が望んだ人生? 

将来の夢を持った事がないままこの歳になってしまった。

幼稚園の卒園時には、周りがそう言ってたからお花屋さんになりたいと言った。

小学校の卒業時には、親がそう言ったから新聞記者になりたいと言った。

中学校の卒業時には、親と塾の先生にそう言われたから弁護士になりたいと言った。

高校の卒業時には、そういう学校に行く事になったから管理栄養士になりたいと言った。

自分の意志で選んだのは管理栄養士だけ。それも本当になりたいものでは多分なかった。たまたま、手頃に思えただけだった。

 

何になりたい?何にもなりたくない?

 自分が何をしたいのか、何ができるのか、何なら努力ができるのか。

私みたいな凡人には意識的に自己肯定感を持つ事って重要だと思うんですけど、それが薄い。

自己肯定できないと、出来ることがないと思ってそこで思考停止してしまう。実際何もできないんですけど。

人から長所を言われても裏を考える。お世辞。聞こえのいい悪口。

 

こんな事を考えているのは、やっぱり仕事を辞めたいからで。

惰性で続けるには精神的に余計にすり減らし続けてしまう。

どんな仕事だってつらいんだと分かってはいるけど、もうここにはいたくない。

じゃあ何ができるの?と言われると、何もできないから黙ってしまう。転職なんてできない。

自分に価値なんぞ見出せない。そんな奴がどこで働けるって言うの?

身の程とやらなきゃいけないレベルがかけ離れてしまっている。何にもなれない。必要とされない。

 

私が望んだ人生って何だったんだろう。何がしたくて今まで生きてきたんだろう。