#b6c4de

新聞を取っていないのでここがチラ裏

2:01 a.m.

私が思い付くと言う事はとっくの昔に著されているものだとは思うけどファンタジー読まないし思い付いちゃったものだから供養

 

  • ファンタジー
  • 周囲にいくつかの怪物の巣のある小国
  • 年に1回討伐隊が選出され、人間の住める土地を増やしていく
  • 討伐隊候補として育てられた少年少女
  • 大体親のない子供
  • 物心が付く前に討伐隊候補として召集される
  • 一人一本の剣を渡される
  • 剣の名前=人の名前
  • 物資が少ない
  • 剣は次の子供に引き継がれる
  • 名前も引き継がれる
  • 他国との国交はあるがどこも似た様な状態
  • 討伐隊候補から除隊できるのは死ぬか兵としての価値がなくなった時
  • 除隊後は剣がなくなるので名無しとして街に出される
  • 討伐隊に選出されたら帰って来れないものとされる
  • 原則討伐隊が全滅するまでが一回の討伐
  • 撤退する事は殆どない
  • 討伐隊候補は塀の中で育つ
  • 討伐隊候補は塀の外の街を知らない
  • 街の人間は討伐隊に関わる人の存在を忌避している
  • 討伐隊システムができて200年以上経過
  • 土地はあまり広がっていない
  • 街の人間にとって討伐隊絡みの人はただの穀潰し
  • 討伐隊候補は祈る神がいない(存在を認知していない)ので神頼みをしない
  • 死に対する認識はある
  • 墓地が塀のはずれにある
  • 墓守がいる

 

ここまで考えたけど起承転結どころか目的も浮かばなかった。あと書いてて照れてきた。思ったけど進撃の巨人ってこんな感じじゃない?

もうちょっと上手くまとまればしたためようかと思ったんだけどねぇ。これじゃあだめだ。