#b6c4de

新聞を取っていないのでここがチラ裏

DELTARUNE Chapter1 差し当たりの雑感

流行りには乗じるタイプです。

 

DELTARUNE Chapter1クリアしました。ゆっくりやって大体4時間半位。

PCゲームをほぼやらないので操作のお約束など全く分からず無駄に時間は掛かったと思います。

 

 

で、ネタバレ含め思った事。

・「器」の脚部の選択肢の区別がつかない

・トリエルをママと呼べる!ママ! 

・アズリエル…大学生…?お兄ちゃん…?

この時点でFriskないし最初の人間が落ちてきた世界線ではないんだろう、と。学校の前にパピルスの生垣がないしPルート後ではなさそう。

→公式で「別の世界」って言ってましたね。

・アンダインが婦警さんなのは意外。アルフィーが先生かーと思ったけど科学者だとその枠になるのか…

・クリスはなかなかのやんちゃ坊主っぽい。本は舐めるわ家にある食料は何でも食べるわ…

・アズリエルがモテモテでみんなに好かれてるんだなーと。子供部屋?のベッドの上の棚がクリスと真逆になっていて、アズリエルはスポーツもするし人気者、クリスはやんちゃが過ぎるのかあまり人徳がない…ような。教室でのアルフィーの対応とかあんまりいい子じゃないのかな。

・目隠れ高身長暴力系問題児ツンデレ俺っ娘と心優しい眼鏡黒ローブモフショタ…

・ランサーはその枠なんだろうなーと思った通りの枠で安心した

・キングに関してはランサーにパパ上呼びされてるとか汚い言葉を言っちゃいけないとか教育されてる辺り暴君っぽくないんだよなー

・ランサーにサブパパ上呼びされるカァドーいい奴なのでは

・働きたくないモンスター多くない?

・ダークナーにとって天使の楽園を滅ぼすのが目的?調和が乱されることが問題なのに滅ぼしていいの?

・戦闘画面の前作に踏襲した部分と味方勢が複数になって変わった部分が非常に私好み。チャプター1までならゲームが致命的に下手な私でもクリアできた。

・フードを取ったラルセイにスージィが驚いた理由は?スージィはトリエルを好意的に見ているけどトリエルに似ていたから?

・undertaleとdeltaruneの両方で登場したキャラクターで関係性が同じ方が少ない?バーガーパンツ君はまぁ…

・クリスには仲の良い友達がいない?帰還後トリエルに電話した時の反応や友達に話し掛けた反応など

・街の外の大学?サンズが「引っ越してくる」?モンスターの住む都市がいくつかある?町が連なってる?

・アズリエルに抱っこされて学校行ってたの…家族の思い出の店に兄弟で来たりお兄ちゃん弟に対して甘いのでは…

・学校にあるトリエルのPCの壁紙が子供2人の画像だったり自宅の冷蔵庫に貼ってある写真もアズゴア抜きで この世界でもアズゴアは報われないんだなぁ

・アズゴアは4人でいた頃を懐かしんでいる辺りアズゴア有責の離婚で家を追い出されて花屋を営んでるのかなー。家が汚かったり家賃の督促、体のサイズに合わない粗末なベッド、冷蔵庫にはピクルスだけ…パパ可哀想すぎでは

・アズゴアの自室の中央の花は?

・アズリエルが子供の頃スマブラ(仮)でヨッ◯ー好きだったのかわいい。非正規品のコントローラとかどこで手に入れるんだ。

・クリスは人間だけどどこから来た?少なくとも街の人達に人間だからと拒絶されている訳でもない、かと言って他に人間はチャプター1の中では出てこない、ドリーマー家(名称は出てないので仮称)は王家ではない?でもアズゴアの花屋にはキングとついてるし紋章の方のデルタルーンも各所にある。ただundertaleで王家の印だったデルタルーンがパラレルワールド?のdeltaruneで同じ王家の印とは限らない。クリスはどこから来て何故ドリーマー家(仮)にいるのか。

・デルタルーンが神話の名前になってるのはundertaleの紋章と解釈が違うことから?別のもの?

 

 

 

書いていたら完全に途中が抜けていたのでまた今度覚えてる範囲で改訂版を書きたい。気が向いたら。書かないかも知れない。

流石にチャプター1で全てが分かるはずもなく、全く全貌が見えませんが今後完成したりまた別チャプターが配信されたりしたらもうちょっと考えようと思います。

機能しないのなら、全部なくなってしまえばいいのに。

またシモの話。

あくまで私の個人的な話でそういう人がどうとか一般的な話ではないです。念の為。

 

以前書いた通りセックスレス進行形なんですけど、ついに私の方にも不具合が生じるようになりました。

こう言うと本当に頭がおかしいみたいだけど、私が自分自身に価値を見出せる部分は、自分が若い女性である事で世間一般から見た性的な価値が比較的高いという部分だけ。なのに。ついにそこに価値がなくなった。

まさかこういう形で自分の精神的支柱が折れるとは思ってなかった。年齢と共に失われていくのが怖かったのに、行為自体に先に支障が出るとか考えられない。

 

要は濡れなくなった。

元々その傾向があった訳でもないし寧ろ逆だと思っていて、大体飲酒でもしていれば全く支障がなかったのに。

メンヘラだから鬱っ気はあるけど病院に行った事のないファッションメンヘラだから、投薬の結果とかでそうなった訳ではないです。うつになって薬飲むとそうなるとは聞いたけどそういうのではなく単純に自分の問題。

まだ23なのにもう女性として終わった気分でいっぱいです。ついに無価値に。ただ穴が開いてるだけ。使い物にならない。

性的欲求もここ数ヶ月で以前と比べて格段に落ちた。いらない機能を退化させるにしては早すぎませんかね。

そりゃあ夫も私なんか抱きたくないよな。義務感でも嫌だろうよ。全部こっち任せで何もしないマグロなのはていの良い断りだったんだろうね。

 

 

 

承認される(と認識している)行為がなくなったメンヘラが思い出すのはクソビッチと蔑んでいた母親の事でした。母親は40超えても男を誑かしていて自分はその半分も生きていないのに。

あんな奴以下だと思うと気が狂いそうになる。

 

承認される為のツールに自分の価値を置いてしまうと全部なくなった気分になる。自分を肯定できる要素がない。

今までは自分の価値を思い込みで仮定ができていたのにそれすらできない。ただただ無価値になった。

僅かに残った欲求すら自分の問題で満たせないならその欲求も沸かなければいいのに。ついでに子宮系もろとも機能がなくなればいいのに。

子宮移植とかできないのかなと思ったけど家系的に子宮系があんまり強くないからそれを人に渡すのは流石に無責任だな。人様の役にも立たねぇ。

 

生産性云々どころか欠陥品になった気分。

宇都宮食い道楽

先週末は夫と宇都宮に食い道楽をしてきました。

 

私の母親が栃木出身で餃子は正嗣派だと常々言い続け、帰省の度に大量に購入していたので私も好きな餃子でした。2年前に夫と宇都宮に行き、本店に食べに行ってから夫は正嗣に心を奪われそこから2年間「正嗣の餃子が食べたい…」と言い続けていました。

f:id:b6c4de:20181012130026j:image
f:id:b6c4de:20181012130030j:image
f:id:b6c4de:20181012130034j:image

これが自慢したかっただけです。奇しくも2年前に来た時と同じ席で2人で焼き餃子42個、水餃子12個を軽く…。

この2年間正嗣を超える店を探すべく夫と色々な餃子を食べてきましたが個人的には正嗣超えは見つかっていません。野菜メインで肉は殆ど入っていないのですが美味いこと美味いこと…。野菜餡だとずっと食べられていいですよね。美味しい餃子じゃないときついですが。

正嗣の定休日が夫の平日休みの日と被るのでなかなか行けませんが私の中では王者の貫禄のある良い餃子でした。

 

夜は行きたかった店(石の蔵は予約できず 良寛、極は休業日)に悉く振られ、次に気になったCité Aubergeに。

店内は非常に落ち着いた感じですがあまり気取らずに使えるようないい雰囲気。店の雰囲気的に写真は撮れませんでしたが何を食べても本当に美味しい。量も適量。酒が進む。土地柄なのか2人で5,000円のスパークリングワインを1本空けもう少し飲んで散々食べてお会計が15,000円…家が近かったら機会がある度に来たい。

住んでいる地域に近い都市だったり都内の方だと2万は軽い量を食べていたはずなので土地代って高いんだなーと思いました。味は都内で十分生き残れる味だと思う。食い道楽満足。

 

次の日は宇都宮駅売店で買った湯葉おにぎり?(名称失念…)を食べ、焼きそばの石田屋へ。

宇都宮焼きそばなるものを知らなかったのですが、存外あっさりと言うかさっぱり?で食べやすい。テーブル上の中濃ソースで自分の好きな濃さで食べられる。卓上にはホワイトペッパーオールスパイス、生姜の甘酢漬け(紅生姜ではない)が並び、いかにも実家感のある店内で非常に面白いお店。麺も太めの中華麺っぽい感じで焼いてる最中にできたと思われるカリカリした部分がまた美味しい。豚バラも全然脂っこい感じがなく、食後の皿に油がぎっとり…と言うこともなく美味しかったです。

f:id:b6c4de:20181012180540j:image

 

 

この1泊2日で確実に太ったので頑張って痩せます。

寝姿勢が分からず眠れない日

今週も何も考えずに消化されていきました。

 

ようやくハローワークに行ったんですけど手続きだけで何もしなかったので特に感想とかもないです。

 

何もしてないのに腹は減るし無為にストレスが嵩んでいるのを感じます。

夫以外の人とも喋る事が滅多にないので言語の衰えが実感できます。

SNSを見るのも買い物に行くのも億劫で、延々とゆっくり実況を流し続け布団から出られません。外出するの怖いし他人と会話するのも怖い。

夫が休みの日は何かを食べに出掛けたりはします。携帯の画像フォルダが飯画像ばっかりになっていく。

 

明日は義母に会って明後日から宇都宮に1泊で行く予定です。結婚式を挙げてからもうすぐ1年なので式を挙げた宇都宮に。

 

羊の種類覚書をまたやりたいけどそれすら億劫なのでこの間撮った羊画像だけ貼っておきます。来週はちゃんと文が書けるように頑張ります。

f:id:b6c4de:20181005190653j:image

夫に対しての偏った考え

夫は私でなくてもいいだろうし、そもそも婚姻関係を持つ必要もないと思う日があります。

休みの日は同じ空間にいて、話し掛ければ相手してもらえるけど話し掛けなければ無言のまま。

 

夫と一緒にいると自分はいらないものなんだと思えてきます。何なら夫は私がいない方が幸せなんじゃないかとも思います。

メンヘラなので月に何度かはどうしても精神的に安定しない日があって、そういう日は口角が全然上がらない。私だって夫が帰って来た時位笑顔で出迎えなきゃと思ってるし仕事終わって帰ってきて嫁が不機嫌なのは嫌だろうからどうにかしようと思ってる。できないから困ってる。

夫に「(自分が)帰ってきたんだから機嫌直しなさい、じゃないと帰って来なくなるよ」と冗談っぽく言われたのが本当につらかった。私だって好きでそうしてる訳じゃない。ちゃんと笑顔でいなきゃいけないのも分かってるしできるならそうしてる。これでも極力笑える精神状態にしてるのに。

夫にこれを言われた時、あぁ自分に感情は必要とされていないんだな、とぼんやりとした虚無感に襲われました。

 

子供の頃よく怒られていて、頭が悪いから怒られた後暫くしてヘラヘラしてたら「反省してないのか」とまた怒られていました。何か笑ってはいけないような事があった後もずっと笑ってはいけないと思ってたしそれで笑ってる人は愚かな人だと思うようになっていました。

あと単純に自分の笑顔が気持ち悪い。

ヘラヘラしていた方が他人受けするのでそういう時は意識的に口角を上げていましたし、接客業にはそれは十分役に立ったと思っています。

夫はそのヘラヘラした状態を望んでいるのでしょう。夫が望むのも分かるし、結局は夫婦と言えどいち人間関係なので当然だと思いますが、人間として見られていないようで悲しくなります。

 

この人が他人を必要としていないと分かっていても私は誰かから必要とされたい。自分の価値が年齢以外にはない (それも薄れてるけど) と思っているので身体位しか必要とされそうなものがない。でも婚姻関係がある以上夫以外の人間にそれを求めるのも不義理。

 

夫が喧嘩した時によく使う言葉に「擦り合わせ」があります。

私は夫に対してでも相手に要望を伝える事が苦手です。言おうとすると脈拍が上がり胸がつかえる様な感覚に襲われ言わない方がいいと思ってしまいます。

恐らく夫も私に言いたい事を言っていないなと考えています。

そんな状態で「擦り合わせ」なんてできていると思えない。

どちらか一方が我慢する事が「擦り合わせ」ではないと思うけど、こちらが何かを伝えたところでそれが押し付けになってしまうのではないかと思うと何も言えなくなる。押し付けたもので動かれるのも気分が悪い。

 

対等でいる責任を負いたくないだけなのかなぁ。

 

お情けで抱かれる屈辱と、くそみたいな承認欲求を満たせないままでいるのはどっちがいいんだろうね。

自己不要論

明確に死にたいと思わなくなった分、思考力の著しい低下が感じられます。元々ないですけど。

夫以外の人と会話する事もないので呂律が回らなかったり、脳の退化を体感しています。たいかだけに…

 

仕事が見つからないのと、働いてもまた同じ事で辞めるんじゃないかとか思うようになりました。要は働くのも怖い。

ただ無職でいる事が精神衛生上あまりよくないと分かったので働かないといけないんですけど、自分の出来の悪い頭で働ける場所なんて見つからないんですよね。分かっていた事ではあってもいざ突きつけられると狼狽えてしまう。

そういう事を考えていると自分の産廃っぷりがまざまざと感じられるので精神的によろしくない。

 

仕事もしてない頭の悪いメンヘラコミュ障って産廃でしかなくて笑った。いらねぇだろこんな奴。

 

夫にも必要とされない以上どこか別のところに精神の拠り所を作らないと依存気質としてはつらいので早く仕事を探します。

 

 

 

ブログを書いていて、表現が「考える」から「思う」が増え、挙句「感じる」になるのは流石に思考力がなくなりすぎじゃないかと危機感を覚えます。考えることはおろか思うことすらなくなってんじゃねぇのか。脳が溶けてる。