#b6c4de

新聞を取っていないのでここがチラ裏

年月の経過と見えるもの

トイストーリーとファインディングニモを見てたらブログ更新するのを忘れてました。

 

久し振りに上記2作を見ました。最後に見たのは10年以上前だったと思います。子供の頃散々見たので大体の台詞は思い出しましたが子供の頃見た時と印象がかなり変わっててなかなか面白かったです。

子供の頃に見たトイストーリーは「おもちゃを大事にしないといけないんだよ」「普段の立ち居振る舞いで信用が決まる」といった寓話的なものだったのに、改めて観るとバズの挫折の方ばかりが目に付くようになりました。今まで信じて誇りに思ってきたものが容易く覆されるのは想像しただけでぞっとしますね。

 

ファインディングニモは完全に過保護な親に対しての警句でしかないんですね。どうしても子供の頃だと親の言うことを聞かないと危ない目に遭う方ばかりが目に入りました。作中の子供を信用しない(できない)親の気持ちも境遇的によく分かりますが過干渉は良くない。真面目なのが余計厄介だったんだろうなぁ。

あと完全にマーリンが保護者におもハラを受けてたのを見て笑ってしまった。説明っぽくて話が長くて分かりづらいのは万国共通で面白くないんですね。

ヴィーガンになるのを目標にするサメも子供の頃はただの恐怖要員としか捉えていませんでしたが、種のイメージの為に努力をするけど本能的な部分だったり依然としてある偏見(?)を取り除く難しさだったりが見えて社会ってそういうものだよなぁと考え込んでしまった。

 

色々と思うところがあったはずなんですけど書いてたら忘れました。

仮に10年後同作を見て私は何を思うんでしょうね。変わってないと問題だな。

久し振りの絵画鑑賞

中学校1年の時の夏休みの宿題で 美術館に行ってA4の紙1枚分のレポートを書いてこい、というものがありました。

美術館に馴染みのない生活を送っていた私は親に相談し、上野の美術館に行くことになりました。

母親に「何の知識もなく絵を見てもただの絵でしかないから企画展の画家についてちゃんと調べてから行け」と言われ、私は大人しく図書館に行きその企画展の目玉の画家について調べました。これが私のフェルメールとの出会いでした。

フェルメールが寡作と言うこともあり絵の一枚一枚について調べるのも難しい事ではありませんでした。この絵はどういう寓意があって絵に示されてるこれが何で…と元々のオタク気質もあいまってかなりしっかりと調べました。お陰で企画展を見に行って非常に感動した記憶があります。知識で人生が面白くなる事を実感したいい経験になりました。

それ以降フェルメールの絵が日本に来るとなると大体見に行ったと思います。住んでいた場所から東京が近いことが非常に有効だったと思います。2008年以降の東京開催の企画展は大方見に行ってるはずなのでそこそこの枚数は見てると思います。

 

今回やっと牛乳を注ぐ女を見に行けました。

中学生以降フェルメールの絵を散々見てきていたのでもちろん感動はありました。でも今までみたいな感動が得られませんでした。

今回の展示も開催前からずっと行きたいと思っていて楽しみにしていたのに。解説が石原さとみだからとかでもなく、絵を見ても無感動に近い感覚しかなく自分自身に対して失望しました。感性が死んでしまったようにしか思えませんでした。

何も考えず何も得ず生きているとここまで感覚が鈍るのかと。いつぞやどこかで見た「わざわざ美術館で絵を見なくても画像データでいいんじゃないか」という意見が頭に駆け巡り、それを否定できなくなった自分が怖くなりました。こんな腐った感性で無感動のまま何を見てもただただ「つまらない」とぼやきながら生きていくのって恐ろしい人生じゃないですか?少なくとも今のままだとそう生きていくことになると感じて冷や汗が出ました。こんな鈍のまま生きていくのは厳しい。いっそ死んだ方がマシ。

 

デ・ホーホの絵を見れたのは個人的に収穫でした。元々風景画の方が好きなので非常に良かった。

その後ルーベンス展にハシゴしたんですけど絵の持つエネルギーと言うか圧が凄くてただただ圧倒されました。すごくつかれた。

ルーベンスをちゃんと見るのは初めてで、お恥ずかしながら無学なもので全然知識がなかったのですがそれでも面白かった。宗教画関係は主題が広く知られているものなので理解しやすくていいですよね。絵の横の解説も分かりやすくて馬鹿の私でも楽しめました。

 

人生を豊かにするには知識が必要不可欠だと思っていて、今の私にはそれを手に入れるだけの気力がないから現状があるんだろうなと思いました。

世の中は頭のいい人が作ったもので動いているし、馬鹿が生きる道はないのではないでしょうか。いつからでも知識はつけられると言えど本人にその意志がない限りどうしようもないですし。

 

酔っ払ってきたので全然読み返してないしtypoとか齟齬があったらすみません。飲酒とyoutubeを見るだけの人生になってきました。

 

 

 

デルフトの眺望はフェルメールの絵の中で一番好きな絵なので死ぬ前に見たいんですけど オランダに行かないとだめっぽいんですよね。

2011年のbunkamuraミュージアムフェルメールの企画展の際に展示されてた港?の風景画が非常に好きだったんですけど作者も作品名も失念してしまって調べることができないので誰か知ってたら教えてください。

年始

正月休みで夫と久し振りに長い時間一緒にいます。去年までは仕事があってそこまで長くいられなかったので、初めてのずっと一緒にいる正月です。

 

多分3月には忘れてるだろうけど、今年の目標は、美人と言われるように努力することです。

顔のつくりはどうにもならないのでメイクとか頑張りたいですね…

あと早く仕事見つけます。

 

二度目の年女を迎えるとは思ってなかった。

年末に高校の頃の友達に会って色々話したんだけど、高校の頃も18歳になった事を信じられなかった事を思い出した。友達ともども自分は若さだけが全てだと思っていたので。それが今年24歳になるとか恐ろしい。大丈夫なのかな。

もっと色々ちゃんとしないとだめですね。頑張ります。

読書習慣がなくなった

23歳の女性がつけてちゃいけないサイズの痣が膝にあります。酔っ払って転びました。

 

 

久し振りに本を読みました。

小中学生の頃は1日1冊は本を読んでいたのに、高校に入ってから一切読まなくなった。

何年か前に数冊だけ読んだけど以前みたく本を大量に所有する場所もないのでその気にもなれず、図書館も生活圏内にないので読書生活はその数冊で終わってしまった。

個人的に電子書籍はちょっと苦手。読みづらいし操作感がうまく掴めない。練習がてら青空文庫を読んでたんですけどなーんか読みづらい。何なんだろう。

 

本を読まなくなって文字を追う速度が半分以下になってる。文庫本1冊が2時間で読み終わらない。これに合わせて思考速度も落ちてるんだろうなぁ。

 

本を読むとその本にのめり込み過ぎてしまい、思考に影響が出る。その没入感と読了後のふわふわした感じが好きだった。ただあまりにも影響を受けすぎてしまうので、私に自我なんてものはないのではないかとも思える。

筒井康隆のパプリカを読んだ時は夢と現実の境目が溶けていくような感覚で数日戻れなかった。挙句夢の中に筒井康隆が出てきた。筒井康隆は好きじゃないです。あのエロオヤジめと思ってる。

女性作家の本も昔から苦手で江國香織に対する嫌悪感(江國香織の作品に出てくる主人公は身勝手さとかが母親に似てる)で育ってきたので基本的に男性作家しか読めなくて、作家で選ばないと読めなかったので中学時代は決して読書好きのラインナップとは言えないようなどメジャーな作家ばっかり読んでました。伊坂幸太郎とか東野圭吾とか。

伊坂幸太郎グラスホッパーと魔王が大好きで本当に本がボロボロになるまで何度も読んだ。オーデュボンの祈りからグッドバイまでは全部読んで、段々と違和感を覚えていてマリアビートルを読んだ時に心底落胆してそれ以降読まなくなった。

辻村深月とか森絵都とか湊かなえも読んだけどやっぱり文章の癖?が苦手。田口ランディだけは好きだった。読了後のふわふわした感じがたまらなく好きだった。

 

オタクだったのでラノベも読んでました。成田良悟作品が好きで全作品全巻集めたり。別の作家の2巻までしか出なかったある作品がすごく好きだったんですけど、最近クトゥルフTRPGの好きなシナリオの作者だったと知ってびっくりしました。

漫画もめちゃくちゃ買って読んでたんですけどどこにそんな金があったんだろう。最近は漫画も読まなくなりました。でも約束のネバーランドがすごく気になってる。電子書籍の漫画の巻の概念が嫌い。あとジャイアントキリングが今どうなってるか知りたい。漫画喫茶も行かないからなぁ。漫画喫茶行っても漫画探して持っていくのが面倒なんですよね。

 

ラノベも漫画も好きだけどアニメは嫌いなのが未だに治らない。

 

来年はもうちょっと本を読みたい。

最近のスキンケア

時期柄肌の調子が落ち着いている気がします。

 

前回スキンケア覚書で色々使ってみて、結果的に現段階で今使ってるスキンケアについて書いておくのもありかと思ったので。

 

撮るスキンケア「肌パシャ」│資生堂 というアプリをここ1ヶ月ほど利用しています。

要はお手軽肌スコープみたいなもの。動作はちょっと不安定ですが撮影のコツが掴めると強制終了しにくくなりました。

以下の画像がここ1ヶ月の肌年齢。

f:id:b6c4de:20181221182932j:image

赤点線が実年齢。撮影時の認識?とかで割と差は出る。撮り直すと年齢が一気に変わったりとか。

あんまり良くもないんじゃないかと思いますが安定はしています。キメの状態が手軽にチェックできるのは便利。

アプリ内で食事や睡眠、手入れ状況を入力するとそれについても評価が出るので強制終了さえなければ…といった感じです。

f:id:b6c4de:20181221184155j:image

こういったものも評価が出ます。

 

肌パシャでの肌状態は うるおいはあるが変化しやすい肌 と評価されています。

f:id:b6c4de:20181221184226j:image

なので保湿重視のスキンケアを心掛けています。以下が今使ってるスキンケア

 

ルルルン

ルルルン-ルルルン シリーズ【公式】

バランスうるおいタイプ(晩)

お風呂上がりに10分以上使用。ダイソーのシリコンマスクを併用してるけど割といい感じ。

この前まで美白タイプのものを使っていて時期的にこっちのにしましたがうるおいの補給はどっちでもいいかも知れない。

アルコールフリーらしいけど日によって結構ピリピリするので他の選択肢があったら考える。

 

d program アクネケア プログラム

アクネケア | ベーシックケア(化粧水・乳液)|d プログラム(d program)|資生堂

アクネケア ローション W(朝・晩)

朝晩各1プッシュ使用。継続して使ってみて結構気に入ってる。

 

エリクシール ルフレ

エリクシールのファースト エイジングケア|エリクシール ルフレ|資生堂

バランシングウォーター Ⅰ さらさらタイプ(朝・晩)

朝晩各500円玉大よりちょっと多いくらい使用。ニキビになりにくい処方の化粧水は探すと結構少ない。使用感も好きで継続して使ってるけど今後どうするかちょっと悩んでる。

 

無印良品

敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ(大容量)400ml 通販 | 無印良品

敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ(大容量)(朝・晩)

肌が潤うまで使う。時によっては三度塗りくらいする。多少ピリピリする日もあるけどビタミンC誘導体が入ってアルコールフリーなのが気に入ってる。

 

ファンケル

【化粧品】アクネケア エッセンス<医薬部外品>│ファンケルオンライン

アクネケアエッセンス(朝・晩)

肌荒れ箇所に塗布。ニキビ用の薬とかも色々試したけどこれが一番繰り返しにくい気がする。

 

無印良品

敏感肌用薬用美白美容液50ml 通販 | 無印良品

敏感肌用薬用美白美容液(晩)

1〜2プッシュ使用。これを使う前にメラノCCを2本程使い切っていたけどこっちの方が実感はある。シミ対策と保湿ではいい。ただし要検討。

 

無印良品

乳液・敏感肌用・しっとりタイプ(大容量)400ml 通販 | 無印良品

乳液・敏感肌用・しっとりタイプ(大容量)(朝・晩)

別売ポンプ1〜2プッシュ使用。何故か私の行く無印良品数カ所に美白タイプの乳液が売ってないのでこっちを使ってる。べたつかないので気に入ってる。これといった欠点もなし。

 

エリクシール ルフレ

エリクシールのファースト エイジングケア|エリクシール ルフレ|資生堂

バランシング おしろいミルク(朝)

適量使用。ベタつかない、テカらない、日焼け止めになるの3つの点で気に入ってる。この後に化粧下地を使うけど多少色があるのでそれなしでも良いかも。使用感はさらっとしていて難点も特に感じない。好き。

 

純白専科

すっぴん純白クリーム(医薬部外品)|商品情報|専科|資生堂

すっぴん純白クリーム(晩)

適量使用。オールインワンだけどクリームとして使ってる。保湿感は塗ってすぐは多少ベタつくけど時間が経つとベタつかず保湿できてる感じ。

パウダー入りなので多量使うと粉浮きする。ちょっと少なめの方がいい。最近使い始めたので実感はよく分からないけどトラネキサム酸入りなので取り敢えず使い切る。

 

今後検討するものもあるけど今のところこれで肌状態はいいので満足してる。

メイクも崩れにくい方法とか分かってきたので最近また楽しくなってきました。これが持続すればいいんだけどなー。

また変化があれば書きます。

金曜日の21時半

祝ブログ1周年。

まさかこんな続くと思ってなかった。

 

この一年、仕事を辞めて職安デビューしたり身内が2人程亡くなったり夫が入院したりしょうもない事を考えたり身にならない生活を送り続けました。

去年の自分から何も成長していない。知識も増えずただ脳が退化していく。クズ。

飲酒回数はここのところ家で飲むようになって急激に増えました。飲酒を除くと娯楽がない。

 

この一年、毎週金曜日の定時更新を心掛けてきました。結果としてはすっぽかしは2回で済んだはず。私が気付いてないすっぽかしさえなければ。

継続させる事を第一に据えているので内容は二の次です。自己満なら自分に見えるところだけで完結させろって話なんですけど、SNSとかで壁打ち歴が長くなって誰も読んでないけど読まれる可能性はちょっとだけある、みたいな方が続け甲斐があって性に合ってる気がします。日記帳をつけるのは昔から習慣化されなくて続かない。最近気付きましたがチラ裏って近頃聞かないですね。

殆ど引きこもる生活をしているので話のネタがループしているような気がしています。次の一年はメンヘラ率を下げてもうちょっとまともな記事を増やしたい。日記なのでそういう生活を目指します。あとで見返した時にどの時期に何をしていたか分かるようにしたい。どうせ来年も同じ事言ってるんだろうなぁ。

 

体の関係にない浮気は相当傷付きそう

私は単純なので割と無条件に人を信用して騙される方だと思ってました。そんな事はないのではないかと少し思うところがあったので。

 

夫が浮気をしているんじゃないかと思う日が増えました。

いくつか怪しいと思う事はあれど実際決定的な証拠もないし、携帯は見ていいと言われていて変なロックは掛かっていないしちゃんと帰ってくるし休みの日も家にいるので恐らくしてないと思うんですけど、浮気をしてるんじゃないかと妄執に囚われています。

今までは私がメンヘラで被害妄想バリバリだからそう思うのではないかと思ってたんですけど、純粋に夫を信用できてないんじゃないかとふと思いました。メンヘラで被害妄想の塊なのもありますけど。

 

思えば今まで関わってきた身近な男性の殆どが私から離れていったなと。主に2人の父親。

実際不倫したりされたりを見てきていて男性は浮気をするものだと思っていると思います。

子供の頃から「口だけならいくらでも言えるだろ」的な事を刷り込まれ信用されなかったのもあるんじゃないかとも思います。人は嘘を吐くものだから信用した方が馬鹿を見ると思っているのかも知れません。言葉に効力はない。だから夫がいくら浮気なんてしてないと言っても信用できないんじゃないかと。

男性は浮気なり何なりしていつか自分から離れていくものだと思い込んでるのでしょうか。

 

浮気をしていない証明って難しいですね。白いカラスの証明に似たものを感じます。そんな事ない?

 

 

夫が「自分は浮気は絶対しないけど、浮気しても絶対バレない自信がある」とか言ってるから信用できないのかなと思いますけどね。絶対暴くぞ。